【たまには失敗もする】アメリカで腕時計の電池交換をするには

アメリカ生活

こんにちは!

今日は、アメリカに来てからずっとやりたかった腕時計の電池交換に行ってきました。仕事の合間に時間が空いたので、職場の近くで交換してきたのですが色々と思うところがあったので、失敗談としてシェアさせてください!もし、まさに腕時計の電池が切れて交換したいなあと思っている方に、参考にして頂ければ幸いです。

はじめに

最近私の中でApple Watch欲しい熱がヒートアップしていました。Apple Watchというより、エルメスモデルのApple Watchが欲しいと言ったほうが適切かもしれません。ドゥブルトゥールと呼ばれるバンドが欲しくて、度々Apple Watchをみては欲しいな~と思っていたのですが、高すぎる値段設定に毎回たじろいていました。

f:id:Sophiemardi:20201021110234j:plain

Apple公式サイトより

最新のシリーズ6は、日本円で149800円(税別)となっております。。高い。。

ただ、エルメスの時計を買おうとしたらとてもこの値段では買えませんので、ある意味お買い得なのかもしれません。

ただ、Apple Watchにて最大の利便性を発揮するアプリであるApple Payや交通系電子マネーの搭載・使用など今住んでいるテネシーという環境ではいまいち活かせないだろうという結論に達し、現状は購入を見送ることにしたのです。

待ってろ日本!待ってろApple Watch!という気持ちで、物欲に蓋をしたのでした。

そして、気づいたのです。私はすでに腕時計を持っている、

電池の切れた腕時計を持っているじゃないかと。

こうして、腕時計生活をスタートするため、私の電池交換の旅が始まりました。

どこで交換をするのか

これに関しては全く見当がついていませんでした。日本だったら街の時計屋さんでも、ミスターミニッツでもビックカメラでも、どこでも交換ができました。

 

ただ、ここはアメリカ。

そのどれも存在しないか、意識して探したことがなかったのでピンときませんでした。そこで情報収集をスタート。ググったり、同僚に聞いたりしてだいたい候補が絞れました。

モールのジュエリーショップ

モールの中のジュエリーショップにて交換してもらうという方法です。

よくある通路の真ん中にキオスクとして出している店舗もあれば、きちんと一区画お店を出しているものと2種類あるかと思います。どちらでも交換はしてもらえるかと思いますが、私はなんとなくキオスク形式のお店だと不安を感じたので、店舗型のジュエリーショップに行ってみることにしました。これが後悔の生まれる選択の始まりでした。

バッテリー専門店

ありとあらゆる電池やバッテリーを取り扱っている専門店に行ってみるのも手だと知りました。有名どころでいうと、Batteries Plus Bulbsでしょうか。

Batteries - Phone Repairs - Light Bulbs - Chargers - Batteries Plus Bulbs
Find the right battery, light bulb, charger or repair for your phone or tablet. Batteries Plus Bulbs - Trust The Plus®

こちらの店舗も職場の近くにあったので、行くか迷いました。

行った方のお話やブログをみてみると$10以下で交換できた!などかなりリーズナブルなようなので、今度交換が必要な時や友人に聞かれたら真っ先にこのお店をお勧めすると思います!!!

ジュエリーショップ 

結構意識して車を走らせていると、案外街にはジュエリーショップがあることに気がつきました。こういった宝飾品を取り扱っているお店であれば、基本的には時計の電池交換もやってもらえるようです。

ただ、『高そうだな…』という先入観が先行してしまい、最終的にはモールの中のお店を選択しました。もしかしたら、全国にあるような大きなジュエリーショップであれば、そういったサービスもある程度均一価格でやってもらえそうですね。

もしKAYジュエリーやラモンジュエリーなどいったことがある方は教えてください!

実際に交換しにいった

前述の通り、仕事を抜け出し職場の近くのショッピングモールへいってみました。

f:id:Sophiemardi:20201021112705j:plain

少し寂しいモール

そんなに大きいモールではないので、ガランとしていて少し寂しい印象です。ただ空いているので、そんなに待たなくてもいいのでは期待しながら向かいます。

 

f:id:Sophiemardi:20201021112849j:plain

お店の様子

ガラガラです。無事たどり着いて少しホッとしました。

お店の前にはこのような看板もありました。

 

f:id:Sophiemardi:20201021112953j:plain

めちゃ主張してくる

これだけ交換できると書いてあれば安心だ!と、入店しました。

だいたいアメリカのお店って入るやいなや、元気な挨拶と『何か手伝う?』って聞いてくるじゃないですか。だけど、私からHELLOいったレベル。めちゃ作業に没頭していて一人しかまともに挨拶してくれませんでした。

 

何か悪い予感がする。

挨拶と人間性は比例すると思っているタイプの人間なので、ここで察していればよかったのですが、初めてのバッテリー交換や初めてのこの手のお店に緊張していて、ひとまず流れに身をまかせることにしてしまったのです。

 

受付してくれた女性がまず、時計をチェック。

私の時計は旦那さんからプレゼントでもらったハミルトンの時計です。

その後、奥に座っていた男性店員さんにバトンタッチし簡単な説明を受けます。説明というかもはや、『この時計は電池が少し特殊だから30分後に来てね~』これだけです。

めちゃ不安です。私の連絡先や名前すら言っていないのに大切な時計を預けなければならないのですから。

ただこの笑顔の店員さんを信じることにし、適当にモールをふらついて待つことにしました。ほぼ初めて来たモールだったので少しだけ探索。あまり見せ場のないモールでした。

 

30分後、お店に戻ると『完成しているよ~』と先ほどの店員さん。

お会計に移ります。

 

レジの女性が金額を言ったのですが、まじで聞き間違えかと思いました。

『$54~~』

えーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!

そんなにするの?本当に?フィフティーンの間違えじゃないかと思いましたが、レシートにはきちんと$54と書いてありました。

 

まじかよ…カルティエとかオメガじゃないんだから。

想像の5倍くらいの値段を言われたもんでびっくりが隠せなかったです。

ただもう直してもらったので、文句は言えません。

震える手を抑えて、クレカを渡しました。

 

無事会計がすみ、時計をしてオフィスへ戻りました。

オフィスに戻ってもなんだかモヤモヤしたので、試しに

時計の電池交換 相場

とググってみます。

そうすると、1000~4000円の文字。だよね、私もそのくらいだと思ってたよ。

そのあとの仕事は少しブルーな気持ちで過ごしました。

まとめ

まあ、こういうこともあります!

 もしかしたら安い方がいいと違う選択肢を取っていたら時計が壊れたかもしれませんし、街中のジュエリーショップだともっと高い金額だったかもしれません。

ただ何れにしても言えることは、修理の前にいくらかかるかを必ず聞くこと。どのくらいか目安だけでもいいから聞くこと。

それが大切だと実感しました。

 

皆さんも、ぜひこういった際は私の失敗談を思い出し、最初にだいたいの金額と修理時間を聞いてからお願いするか決めてくださいね!

 

本日も読んでいただきありがとうございます★

 ぜひこちらのランキングの確認・応援をよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました